サティスホーム伊勢 代表ブログ

消費税増税における、注文住宅購入について

ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 ㈱サティスホーム伊勢、代表の一尾竜一郎です。
『平成』として最後の歳となる2018年でしたが、どんな1年でしたでしょうか?

 来年は、皇太子陛下が天皇陛下へ即位去れることが決まっており、新しい元号になることや、
消費税増税のニュースや、日本初のラグビーW杯の開催など、今分かっているニュースだけでも
大きな出来事が多い歳になりそうですね。

 特に私たちの身近なことで大きく影響しそうなことといえば、消費税の増税ではないでしょうか?
買い物の中でも、特に住宅は大きな買い物の1つとなりますので、住宅業界で駆け込み需要が増えてきております。
やはり、数千万円の2%アップとなると、同じ住宅でも、数十万円の差が出てきますので、
駆け込み需要が多くなるのは必然ともいえると思います。

 もし、読まれている方の中で、これから住宅購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、
ご注意いただきたいことがあります。
それは、増税になるからといって慌てないことです。

 住宅は、そこに住むご家族が何十年にも渡って住む大切な場所になります。
増税だからといって、不安になり、どんな家に住みたいか?
などの明確なイメージもなく、住宅会社さんと契約してしまったというようなことがないようにしてください。

 注文住宅の場合は、朗報があります。
注文住宅の場合は、経過措置が取られますので、
2019年(平成31年)3月31日までに注文住宅の工事請負契約さえ終わらせていれば、
引き渡し時期がいつになろうが減税措置がなされて消費税は8%になります。

 ですので、まだ来年の3月までお時間がありますので、決して慌てずに、
まずどんな家でご家族と過ごされたいか?というイメージを膨らませてください。
そのイメージが膨らみましたら、次に、その理想の家を建ててくれそうな住宅会社がないか?
という視点を持って、住宅展示場に行ってみてください。
増税だからと言って、決して慌てて本来の目的を間違えないようにしてください。

 良いお家ができる事を心から願っております。
また、今年も1年本当にありがとうございました。
来年も素敵な1年になる事を心から願っております。

                                 ㈱サティスホーム伊勢
                                  一尾 竜一郎