サティスホーム伊勢 代表ブログ

子育て世代のちょっとカッコイイ家を建てるなら

 

皆様、こんにちは。

(株)サティスホーム伊勢 代表の一尾竜一郎です。

 

サティスホーム伊勢は、なぜ安くてちょっとかっこいい家を建てられるのか?

についてお話させて頂きます。

 

一番大きい理由は経費、そして仕入れです。

家づくりをする工務店にとって大切なことは、無駄な経費を出来る限りかけないことです。

そして今、世の中にある様々な材料の中で、一番コストパフォーマンスに優れた材料を

「自分が家を建てるなら何を使うか」とプロの目で選び、出来る限りお値打ちに仕入れることです。

当社では、少しでも多くの建築費を、無駄なく現場に使えるように、そして、少しでも

良い材料を最高の職人さんの手でお値打ちに工事してもらえるように、

下記のことを、お約束しております。

 

1、立派な展示場はありません。

展示場の費用は、最終的にはお客様の大切な資金から出ています。

私たちは、実際にお建ていただいたお客様の家をお借りして、次のお客様に

ご覧になっていただいています。

展示場に費用をかけるくらいなら、私たちをお選びくださったお客様の

家づくりの、実際の工費に使いたいと思います。

 

2、豪華なカタログもありません。

カタログにお金をかけるなら、その分少しでも現場に使いたいと思います。

釘の一本でも余分に打った方が、より大切なことだと思うからです。

私たちのカタログは自分達が実際に建てた家。

私たちの持つ全ての力は、お客様に建てさせて頂いた家。

それ以上でも以下でもありません。

 

3、TVCMもありません。

有名なタレントさんが出て、自社の名前をブラウン管の中で大きく叫んでくれる。

素敵です。

しかし、そのお金はとても高額です。

私たちは、「そんなお金があれば、もっと良い材料が使えるのに」

「もっとお安くお出しできるのに」と考えてしまいます。

TVCM、かっこいいなあ、と思いますが、私たちには出来そうもありません。

 

4、最小限のスタッフで高い効率をねらい、ムダな人件費をかけません。

住宅会社の経費の中で大きな割り合いを占めるのが人件費。

私たちはそれを最小限に抑えるために、お客様のために直接働かないスタッフを置きません。

もちろん少ない人数でたくさんの受注をこなすからと言って現場がおろそかになってはいけません。

私自身も現場監督と同様、現場をまわります。

 

5、全て現金払いです。

当社及び当グループは、現在、年間50億円を全てを、100%現金で支払っております。

建築会社は通常「半金半手」といって、半額を手形で支払うことがほとんどです。

でも、どの業者さんでも、手形よりも現金が嬉しいのは当たり前。

だから、どこよりも安く仕入れることができて、かついい職人さんが集まってくるのです。

 

6、スケールメリットもあるのです。

やはり材料を仕入れる時は、どれだけの仕事を発注できるかどうか、

というのが大きな意味を持ちます。

私たちは、この東海地方で年間205棟の受注を頂いています。

また、私たちの運営している住宅会社の全国組織、日本ビルダーズのほうでも

200社を超える仲間がおります。

全てを共同して、発注を行うと、数千棟に及ぶ交渉が可能になるのです。

 

7、業者さん、職人さんと約束しています。

「いい家を安く造って下さい。私はそれを安くお客様にお出しします」

そう業者さんすべてに約束しています。

良い家をお値打ちにどんどん建てていくことによって、

この地域のお客様が「サティスホーム伊勢はいいよ」と言っていただける。

それが自分のためになるんだ。

私だけでなく、業者、職人全員が、そう思っているのです。

これが、私たちの一番の強みなのです。

 

以上のことから、安くてちょっとかっこいい家ができるのです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

是非一度、事務所や、見学会へお越しくださいませ。

 

スタッフ一同お待ち申し上げております。

 

一尾 竜一郎