サティスホーム伊勢 代表ブログ

健康に良い?省エネ住宅

皆様、あけましておめでとうございます!

旧年中は、誠にありがとうございました。

本年も社員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心掛けますので、

何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、ついに2020年が始まりましたね。

本日は、省エネ住宅について少しお話します。

 

突然ですが、「省エネ住宅」というと

どんなイメージをお持ちですか?

「維持費がおトク」「地球にやさしい」「施工費用が高い」

など、メリットデメリットがあると思いますが、

私が声を大にしてお伝えしたいのは

「省エネ住宅は健康に良い」ということ。

これは、口からでまかせを言っているのではありません。

 

というのも、アレルギーや高血圧、内臓疾患を持つ人たちが

高断熱、高気密な省エネ住宅に引越ししたことにより症状が改善した、

という複数の大学による研究結果が出ているのです。

これらのデータから、特に重要だと思われるのは、住宅が冬も暖かいということ。

 

例えば、断熱性が悪い住宅は冷たい空気が入り込みやすく、屋内で

暖めた空気も外に逃げやすくなります。

要するに、住宅が寒いわけです。

寒さは、血圧の上昇を引き起こし、動くのがおっくうになるため、

日中の活動量を減らす原因になります。

よくニュース番組で取り上げられている「ヒートショック」。

急激な温度差が体に悪影響を及ぼすことを言いますが、

断熱性の悪い住宅になると、冬場は暖房の効いた部屋と

冷えた浴室やトイレとの温度差は15~20℃になります。

冬場の急激な温度変化は、高齢者が心筋梗塞や脳卒中を

引き起こす大きな原因になります。

こういった状況を防ぐためにも、住宅内を暖かく保つことはとても大切です。

 

省エネ住宅は高価といったイメージが大きいことは否めません。

しかし、健康であることは他のなににも代えがたいと

思うのは私だけでしょうか。

窓に内窓を付けるだけでも断熱効果がアップするんですよ。

 

省エネ住宅に少しでも興味をお持ちの方は

ぜひ、私どもにご相談下さい!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

(株)サティスホーム伊勢

代表取締役社長 一尾 竜一郎